DELLのPCカスタマイズ方法

HOMEDELLのカスタマイズ方法

デルのカスタマイズは簡単です

DELLの魅力のひとつに各パーツのカスタマイズ(パーツ構成の変更)があります。

自分の必要なものだけ選らんで自分だけのPCを作れます。カスタマイズと言ってもそんなに難しいことではなくクリックで欲しいものをクリックしていくだけです。あとは工場で組み立てられ、入念な動作チェックの後出荷されるので、ユーザーの手間は一切かかりません。

まずは自身の好きなモデルを選んだら"カスタマイズして購入"をクリックします。するとカスタマイズの画面に進みます。

カスタマイズが必要でない方、基本構成で購入される方は「カートへ進む」をクリックします。

「BTOパソコン」や「カスタマイズ」という言葉自体に聞き覚えの無い場合は、こちらのページをよく読んでおくと役に立つと思いますので是非ご覧になってみて下さい

CPU、OS、オフィスソフト、メモリ、ハードディスクなどを選んでいきます。好みのものを選んでクリックしていくだけです。選ぶごとに右側に表示されてる現在の合計金額がでますので見ながら予算以内におさめるようにできます。

モニターやキーボード、マウスなどはDELL以外のメーカーの商品も選択できるようになっています。ちろん必要のないものは”なし”にできます。

カスタマイズと言っても好きなパーツをクリックしていくだけです。解説必要なかったかも・・・

パーツ解説はこちらから

どのパーツがどんな働きをしてるのかを知らなければパーツを選ぶのも難しいと思います。ここではパーツがどんな働きをしているのか一つづつ解説しています。

パーツの働きを知る事で自分の理想のパソコンを組む事ができますし、選ぶ喜びも増えます。

DELLの目的別カスタマイズの基礎知識

目的・用途カスタム補足説明
動作(処理速度)を軽快にしたいメモリ・CPUメールやネット用途では1GBもあれば十分、デザイン系ソフトを使用するなら2GBは欲しいです。
複数のソフトを同時に使用するCPU・メモリマルチタスクならデュアルコアCPUがベター、クワッドコアならなお良しです。
大量の写真・音楽データを管理HDD容量が大きいほど沢山保存できます。音楽データであれば80GBで20,000曲位は管理できます。
TV番組を沢山録画するHDDTV録画の場合であれば、最低500GB、1TBあるとかなり心強いのではないかと思います。
オフィス用途で使用する オフィス プリインストール版のマイクロオフィスソフトが選択できます。製品版よりも安価で手に入ります。

処理速度やグラフィックの描画性能を高くしたいのであれば、一つのパーツのみのカスタマイズでは無く、複数のパーツのトータルバランスを高くしましょう。

カスタム項目で複数になっていますが、複数パーツのカスタマイズが必要な中でも、より大事なパーツを先に記載してます。

気になるパーツあまり耳馴染みのない項目をチェックしてみてください。