DELLの歴史、BTOの歴史

トップページへDELL解説トップDELLの歴史、BTOの歴史

DELLの歴史、BTOの歴史

DELLはパソコンの保守をメイン事業として発足した会社です。

当時は、パソコンが高価だった事とパソコンをパーツから組み立てられる事から、 パソコンの販売を行う様になりました。

中間業者を介さないシステムでパソコンを販売する事によって、性能面を保ったまま価格だけを安くして販売出来る事からパソコンメーカーとして世界トップクラスの会社になっています。

安い価格や製造国などから、一部では性能が悪い・すぐに壊れるといった風評もありましたが、インテル社製のCPUを使うことに加えて、様々な部分での改善を行っている事からも安くて性能がいいパソコンと言えます。

更に特執すべき内容として受注生産のパソコンなので、自分の欲しいスペックのパソコンが手に入るので、市販のパソコンのスペックでは、足りない業種の方々にも愛されている事からも、DELLのパソコンは今後更に発展すると言えます。

BTOパソコンの歴史

bto

BTOパソコンのBTOは、製造販売という意味でパソコンに置き換えると、部品(パーツ)単位での在庫を保有し、注文が入ってから製品のパソコンを組み立てて販売する方法で、不要な在庫を持たない事と、中間マージンを省略する事でスペックを保ったまま価格を抑える事ができるので消費者と販売元両方にメリットのある販売方式です。

BOTパソコンの歴史で外す事ができないのがDELL社です。 パソコンのパーツ規格化によって互換性が優れていることから、パソコンの保守を行う企業からコスト面とスペック面が優れているパソコン販売に力を入れて、世界でもトップの企業になっています。

現在BOT販売を行っているパソコンメーカー後発で多数あり、日本国内のパソコンメーカーもBOTパソコンの販売を行っている事からも、今後BOTパソコンのシェアは拡がっていくのではないでしょうか。