DELLカスタマイズ攻略-パーティション分割

HOMEパーツ別解説トップパーティション分割

パーティション分割

パーティション分割

Dellの一部のモデルではカスタマイズ時にハードディスクのパーティション分割を設定することができます。 パーティション分割と言われてもイマイチ何のためにあるのか、どんなメリットがあるのかわかりません。 ここではパーティション分割について解説します。

パーティション(Partition)分割とは

パーティション(Partition)とは「仕切り」、「分割」あるいは「仕切ること」です。 パーティションと書きますが、発音する時はパーテーションと言ってる時の方が多いような (管理人だけかもしれませんが)・・・・ DELLのカスタマイズ時にあるパーティション分割はハードディスクの分割の事です。 みなさんのパソコンにもCドライブ、Dドライブがあって使い分けしたりしてる(あるいはしてた)ので はないでしょうか?Cドライブにはソフト、プログラムなどが入っていて、画像や文章のファイルはDドライブに保存するというのが通常の使い方かと思います。

パーティション(Partition)分割のメリット、デメリット

ドライブ

パーテーション分割のメリットとしては、視覚的に整理整頓がしやすい事や、OSの調子が悪くなっても、OS再インストール時に大切なデータの消失を防ぐことができる事、ハードディスク自体の故障時のリスク分割などがあげられます。 デメリットとしては、DELLの場合はカスタマイズ時にあらかじめ分割してもらうのに費用がかかる事と、あらかじめ分けるドライブ容量を決めなければいけないため、Cドライブがいっぱいになっととき、Dドライブの容量が余っていてもアプリケーションによってはDドライブに保存不可の場合が多い事です。

手間を考えたらはじめから分割されてるのは

現在のDELLの個人向けパソコンの場合パーティション分割ができるモデルはデスクトップのStudioXPSシリーズのみのようですね。これはたぶん、Windows7の場合は自分でパーテーション分割ができるからというのも大きいとは思います。しかし手間を考えたり、すぐに使いたい方やあまり詳しくない初心者の方には数千円程度なのであらかじめカスタマイズしてもらうのも手かとは思います。

バックアップは慎重に

パーティション分割も賛否両論があるようで、分けないほうが快適に動くと言う方や、 やはり大切なデータは少しでも守りたいという方、最近では外付けHDDが安価なのでそちらの方が安全と言う方など個人によってその重要性はちがってきているようです。 「OS再インストールとかHDD壊れるほどの事があったら、あきらめるよ」などと言う方もいますが、それが仕事に関係のあるファイルだったらたまったもんじゃありません。本当に大事なものは無くしてから、その大事さに気付くというのが世の常です。パーティション分割に限らず、バックアップは慎重にとりましょう。