DELLカスタマイズ攻略-光学ドライブ-

光学ドライブ

光学ドライブとは?

DELLの光学ドライブ

光学ドライブとはCDドライブ、DVDドライブ、ブルーレイドライブなどの読み込みや書き込みにレーザー光線を使用するディスクドライブのことです。英語ではoptical drive(オプティカルドライブ)といい、こちらも時々耳にすることもあります。

デルのカスタマイズページでは、光学ドライブを選択する項目があります。ひと昔前だったら、DVD-RW,DVD-RAMなど使ってるメディアによってちゃんとドライブを選ばなければならなかったのですが、現在DELLの個人向けパソコンはほとんどがスーパーマルチドライブなのでそういった心配はあまりないとは思います。法人向けはまだDVDは読み込みのみといった事もありますので、DVDの書き込みを使用したい場合は注意が必要です。

むしろ最近ではブルーレイディスクやブルーレイドライブも安くなってきたので、DVDドライブかブルーレイドライブかで悩んでる方も多いのではないのでしょうか?ここでは光学ドライブについて解説します。

ディスクの種類

デスクの種類

こちらのマークは、光学ドライブの取り出し口についてるのを見たことがあると思います。デスク状のメディアはたくさんあって、パソコン購入時には使用する対応するドライブを考えなくてはいけません。

しかし最近DELLでは、ほとんどの個人向けパソコンにDVDスーパーマルチドライブが採用されてますので、あまり悩まなくてもよいかとは思いますが、ここではデスクの種類を紹介します。

CD-ROM
いわゆるCDと呼んでるものの一つがこれにあたります。読み込み専用で、専用の機器でなければ書き込みはできません。プレイステーション1,2などゲーム機に採用されてました。最大750MB前後の容量を収録できます。
CD-R
パソコンなどでCDに焼く際につかわれてるのはこれです。記録用に650MBや700MBのCDが売られています。一度書き込まれたデータは書き換えも消去もできないが、容量の許す限り追記が可能。
CD-RW
CD-Rと違い何度もデータの書き消しが可能です。昔はデジタル機器同士ケーブルでつなげられない場合などや何度も繰り返しやり取りする際には重宝しましたが、今となってはあまり見なくなりました。
DVD-ROM
いわゆるDVDと呼んでるのがこれにあたります。最大4.7GBの容量を収録できます。市販されてる映画DVDやゲーム機としてはプレイステーション2、Xboxなどに採用されてます。
DVD-R
記録用のDVDとして最も普及しているディスクでデータの記録が出来ます。容量は4.7GBあり、二層書き込み対応と呼ばれるものは 「8.5GB」 あります。一度記録するとデータ消去は出来ません。
DVD+R
容量は 「4.7GB」 あり、データ消去、上書きは出来ませんが追加の書き込みができます。DVD-Rより高い互換性を持つはずでしたが後発のため、多くのドライブがすでにDVD-Rに対応していたため今はあまりない。
DVD-RW
パイオニアが開発したDVD ReWritable Discの通称。DVD-Rと一緒で容量は4.7GBあり、二層書き込み対応と呼ばれるものは8.5GBあります。DVD-Rとの違いはデータの書き換えが何度もできる事です。
DVD+RW
DVD-Rと一緒で容量は4.7GBあり、二層書き込み対応と呼ばれるものは8.5GBあります。何度もデータを書き消しできて、書き込み可能回数は1,000回以上です。
BD-R
青紫色半導体レーザーを使用する新世代光ディスク、ブルーレイディスク。容量は25GB二層構造は50GBあります。もはやハードディスクですね。1回のみの記録、または追記が可能。
BD-RE
青紫色半導体レーザーを使用する新世代光ディスク、ブルーレイディスク。容量は25GB二層構造は50GBあります。こちらは書き消しができます。相変化記録技術方式を採用し、上書き可能回数は1000回以上。

DELLで選べる光学ドライブの種類

DVD-ROMドライブ

CD-ROM / CD-R / CD-RW / DVD-ROM / DVD-RWに対応しています。

CDもDVDも読み込みのみです。法人向けのエントリーモデルに多く採用されてます。法人向けの場合、仕事でDVDやCDへの書き込みが必要ない場合(今USBメモリーなどがありますし)が多いので低コストに抑えられるドライブが最適なのでしょう。

 

DVD±R / ±RW ドライブ

CD-ROM / CD-R / CD-RW / DVD-ROM / DVD+R / DVD+RW / DVD-R / DVD-RW に対応しています。DELLの法人向けパソコンの一部で採用されてます。DVD-RWの場合とDVD+RWの場合があります。こちらはDVDの書き込みができます。

 

DVDスーパーマルチドライブ

CD-ROM / CD-R / CD-RW / DVD-ROM / DVD-R / DVD-RW / DVD+R / DVD+RW / DVD-RAM に対応しています。すべてのCD、DVDの読み書きに対応しています。DELLのほとんどの個人向けモデルと法人向けのミドルスペック以上に採用されています。

 

ブルーレイコンボドライブ

ブルーレイは再生のみ。CD、DVDは読み書きができる。

 

ブルーレイディスクドライブ

ブルーレイの読み書きが可能。CD、DVDはスーパーマルチドライブの機能。

 

ブルーレイディスクドライブ + DVDスーパーマルチドライブ

ブルーレイディスクドライブとDVDスーパーマルチドライブの二台付け。ダビングなどデスク同士のデータのやり取りに便利。

そろそろブルーレイ買い時か?

ブルーレイロゴ

光学ドライブをブルーレイにするかDVDにするか迷ってる方は結構いると思います。2011年3月時点ではブルーレイコンボドライブに変更するカスタマイズはDELLでは+9,450円が相場のようです。

データのやり取りや持ち運びだったら、USBメモリでいいし、また新しいメディアが出てきたら買い換えなければいけないのか?などがみなさんの気になる点かとは思います。

ブルーレイ1枚に25GB(二層式で50GB)データが入るのは確かに魅力的ですし、ブルーレイの映画レンタルなども出てきてます。テレビにブルーレイ内臓や、ブルーレイレコーダーもかなり普及してきました。

管理人の考えとしましては、値段的にもまさに今買い時かとは思います。テレビをパソコンで見たり録画したりする楽しみ方をされる方は必須かと思います。

しかし値段を抑えたい方で動画系はあまりパソコンで扱わない方はなくても困らないのでDVDスーパーマルチドライブで十分かと思います。

ROXIOライティングソフト

DELLのカスタマイズで光学ドライブを選ぶ際には、ライティングソフトによって値段が違う場合があります。DELLが採用してるライティングソフトは、Roxio(ロキシオ)のCreator 10 Premier かEasy CD & DVD Burning 10 (2011年3月時点)です。

ライティングソフトはDVDやブルーレイにデータを書き込む際には必須のソフトです。ここではDELLが採用しているRoxio(ロキシオ)の2つのソフトの性能を一覧にしました。

Creator 10 Premierの方が機能が多く値段も高いのですが、赤文字で書いてる機能がCreator 10 Premierのみできる事でEasy CD & DVD Burning 10ではできないことです。

データライティング/
バックアップ
データディスク作成
ブータブルディスク作成
コピー
コピープロテクトされていないディスクをコピー
ディスクイメージを書き込む
ディスクイメージを保存
ビデオ
DVカメラからビデオをキャプチャ
DVカメラから直接ディスクへ書き込み
ビデオを音楽に合わせて自動編集
タイムラインモードにてビデオを編集してDVDビデオを作成
ビデオにトランジション、オーバーレイ、ビデオ効果、BGMを追加
簡易DVDビデオ作成
高度なDVDビデオオーサリング
フォト
スライドショーを作成 (ワイド画面にも対応)
オーディオ
音楽CDやジュークボックスディスクの作成
音楽CDのリッピング
サウンドカードからオーディオをキャプチャ
LP/カセットテープなどのアナログ音源をデジタル化
アナログ波形の音楽編集
タグ編集、曲名変換
オーディオファイルのフォーマット形式をバッチ変換
iPod内の音楽のHDDへのバックアップ
DVD 音楽ディスク作成
ツール
リライタブルディスクの消去
ディスクのファイナライズ
ディスク情報
ディスクラベル作成及び印刷
各種デジタルメディアファイルの管理

ドライブが一緒でソフトの違いだけで値段が違う場合はこちらの表を参考にして、自身のしたい事と照らし合わせると便利です。

DELL比較