DELLのパソコン用語集-記録画素数-

記録画素数

用語解説

デジタルカメラの画素数は画像を構成する点(ピクセル)の数の事です。デジカメを購入する時に200万画素、300万画素などの表記を見た事があるとは思いますが、この表記の画素数が最大画素数と言うのに対し実際の記録する解像度を記録画素数と言います。

実際デジカメを撮影する時は、周辺部の素子にノイズが乗りやすいなどの事情から、すべての素子を使い切るわけではなく、搭載している受光素子の数と、出力される画像のピクセルの数は、基本的には一致しません。

たとえば、総画素数130万のデジカメの場合、実際には1280×960ピクセル=122万8800ピクセルの画像を出力するのが一般的でこの数値が記録画素数で200万画素、300万画素などと買う時に表示されてるのが最大画素数です。

記録画素数の悲しい使用例

最近のデジカメは記録画素数が高いから肌の荒れが目立つ。

他の用語はこちらから

 

あいうえお(アイウエオ)順