DELLのパソコン用語集-仮想メモリ-

仮想メモリ

用語解説

仮想メモリとは、アプリケーションの起動やファイルの読み込みの操作を行なうと、データはパソコンのハードディスクから物理メモリに読み込まれますが物理メモリの容量には制限がありますので、容量が足りなくなるとWindowsはハードディスクを物理メモリの代わりに使います。この領域の事を仮想メモリと言います。

物理メモリと仮想メモリの合計値をメモリ領域として使用できるため、物理メモリ以上のデータの処理がパソコン上で可能となります。 通常この仮想メモリはCドライブに自動的に作成されるよう設定されています。 複数のドライブがある場合は、Cドライブ以外に仮想メモリを置き、CドライブにあるWindows本体の読み込みに影響が出ないようにする設定もあります。

仮想メモリの悲しい使用例

使用例

仮想メモリーが不足しています」というメッセージが表示されましたが、エラーコードだったらもっと具体的に教えて欲しいと思った。が泣き寝入りした。

仮想メモリの例

Windows高速カスタマイズの際はかなりの確率で出現してくる仮想メモリ。Vista以降だったら必要ないかとは思いますが、XP時代はデフラグの前に仮想メモリの領域を変更する技がありました。

仮想メモリ

他の用語はこちらから

 

あいうえお(アイウエオ)順