DELLのパソコン用語集-拡張ボード-

拡張ボード

用語解説

コンピュータの機能を追加するための、半導体基板にコネクタがついたカードのことです。「拡張カード」とも呼ばれ、「グラフィックボード」や「サウンドカード」などは拡張カードの一種です。

コンピュータ本体には拡張ボードを接続するための「拡張スロット」と呼ばれる差し込み口があり、ここにカードを接続して使用します。 最近のマザーボードには、画面表示機能や音声出力機能も内蔵されていて、コンピュータを使用する上で基本的に必要な機能は拡張ボードなしで利用できますが、 3D動画を扱うようなグラフィックボードなどは予め備わっていないことがほとんどです。こういった機能が必要な場合は、それぞれの機能を持った拡張ボードを拡張スロットに装着して使用します。

拡張ボードの種類は沢山あります。SCSI(スカジー)カード、サウンドカード、モデムカード、LANボード、ビデオキャプチャーカードなど、これらは全て拡張ボードです。

拡張ボードの文学的な使用例

使用例

拡張ボードを本体に差し込んだ瞬間、私は自作パソコンの深い森へ迷いこんだのだ

拡張ボードの例

拡張ボードの画像。これ本体に入る?

拡張ボード

他の用語はこちらから

 

あいうえお(アイウエオ)順