DELLのパソコン用語集-クラウドコンピューティング-

クラウドコンピューティング

用語解説

クラウドコンピューティングとは、ネットワーク上にあるサーバのサービスを活用できるというコンピューティング形態を指す言葉です。

従来のコンピュータ利用は、ユーザーがコンピュータのハードウェア、ソフトウェア、データなどを、自分自身で保有・管理していたのに対し、クラウドコンピューティングではユーザーが用意するのはパソコンとネット環境のみです。 例えばGメールなどのフリーメールをイメージしていただければわかりやすいとは思いますが、いままではパソコン側にアウトルックなどのメールソフトが入っていてパソコン上で文章を書いて送っていたのが、すべてネット上で行われています。

このような事はメーラーに限らず、いろいろなソフト、サービスで行われていくと予想されます。 エクセルやワードのようなテキストエディタ、画像編集ソフトなども、一部ではウェブ上で行うサービスが出てきています。このようなクラウドコンピューティング化はどこにいても同じような環境でパソコンが操作出来るなどの利点があります。

簡単にできるクラウドコンピューティング

クラウドコンピューティングは難しいことではありません。むしろ簡単で便利です。おすすめはGメール、やGoogleカレンダーなどのグーグルが提供してる無料サービスです。

Gメールの便利な点は、やはりまず、どこでもアクセスできる点です。仕事のテキストなどもUSBメモリや小型メディアに保存するよりGメールに上げてしまえばどこでもメディアの抜き差しなしで仕事にかかれますし、容量も、まったく気にしなくても大丈夫です。中身の整理についても検索で何年も前の文章が取り出せます。写真もGメールにあげておけばいつでも取り出せます。しかも全部無料ですのでつかわない手はないです。

グーグルカレンダーはそのシンプルな構造がお気に入りです。やるべき事の締め切り(todo)を設定しておけば通知もしてくれますし、複数で共有もできます。もちろん無料です。

他の用語はこちらから

 

あいうえお(アイウエオ)順