DELLのパソコン用語集-ウィニー-

ウィニー

用語解説

Winny(ウィニー)は、Microsoft Windowsで動作するP2Pの技術を利用したファイル共有ソフトです。 「Winny」という名前は、開発当時に流行していたファイル交換ソフト「WinMX」の次を目指すという意味合いを込めて、"MX" というアルファベットを一つ進めた "WinNY" に由来します。2002年5月6日に、「2ちゃんねる」のダウンロードソフト板でベータ版が公開されました。 開発当初、Winny の匿名性は、違法なファイル交換するのに都合がよかったので、利用者数は急速に拡大していきました。 開発・配布者は後に、著作権侵害行為幇助の疑いで逮捕されています。掲示板のスレッドのレス番号から一部では「47氏」と呼ばれていました。 逮捕についての是非は様々な議論が交わされました。 現在はその影響もあってか、かつての盛り上がりは無くなっています。

ウィニーのちょっと悲しい使用例

使用例

ウィニーでファイルを共有してみたが、パソコンがウイルスに感染して使えなくなった。

ウィニーの例

ウィニーの画面はこんな感じ

ウィニーの画面

他の用語はこちらから

 

あいうえお(アイウエオ)順