DELLのパソコン用語集-ウェブブラウザ(web browser)-

ウェブブラウザ

用語解説

ウェブブラウザとはインターネット、ウェブを見るソフトです。あなたが今見てる、インターネットエクスプローラー、ファイヤーフォックス、グーグルクローム、サファリ、etc..どれかはわかりませんが、このソフトがウェブブラウザです。

ウェブブラウザはサイトの閲覧の他には印刷したり、見たページを記録しておくブックマーク機能など、いろいろな機能があります。ファイヤーフォックスをはじめ現在のブラウザは拡張機能が豊富にあって自分好みにカスタマイズできる場合が多いです。

管理人はファイヤーフォックスを愛用しており、ログインが一発でできるアドオンや見てるページのページランクがわかる拡張機能などを使っています。

ウェブブラウザの歴史

1991年:最初のウェブブラウザ、WorldWideWebがティム・バーナーズ=リーによって公開された。

1993年にNCSA Mosaicが登場した。Mosaicは画像が扱える最初のウェブブラウザの一つであり、これによってウェブの利用者が激増するきっかけとなった。

1994年:マーク・アンドリーセンがネットスケープを設立し、Mosaicを汲むNetscape Navigatorをにリリースした

1995年:マイクロソフトが、Mosaicの影響を大きく受けてInternet Explorerを開発した。ブラウザ戦争の引き金にもなった。2002年ピーク時で利用率95%を超えた

1996年:Operaが登場。2011年現在で利用率2%となっているが、携帯電話のウェブブラウザ市場では最もシェアを伸ばしている。

1998年にNetscapeはMozilla Foundationを立ち上げ、最終的にFirefoxとして展開された。Firefoxの開発がベータの段階でかなりのファンらによって発展させた

2003年1月:アップルのSafari初めてのベータ版が提供された。2011年2月現在の利用率は6.3%となっており、緩やかな上昇傾向を見せている。

2008年9月にGoogleがWebKitを基にして開発したGoogle Chromeをリリース。成長が著しく、2011年2月現在では11%もの利用率。

ウェブブラウザのちょっと悲しい使用例

使用例

パソコン初心者の頃友達に「ウェブブラウザ何使ってるの?」と聞かれ、ブラウザって何だ?と思いつつも「yohooだけど」とマジな感じで答えてしまった。

ウェブブラウザの例

インターネットエクスプローラーだけじゃなくいろいろなブラウザを試してみるといいですよ。

インターネットエクスプローラーロゴインターネットエクスプローラー ファイヤーフォックスのロゴファイヤーフォックス
サファリのロゴサファリ クロームのロゴグーグルクローム

他の用語はこちらから

 

あいうえお(アイウエオ)順