DELLのパソコン用語集-インターフェイス-

インターフェイス

用語解説

インタフェース(interface)は、もとは接合点や境界面を意味する言葉ですが、転じてコンピュータと周辺機器などのデータ交換や各々の機能を利用し合うための方式のことを指す。I/Fと略されます。主に情報技術関連で用いられる用語で、「ハードウェアインタフェイス」、「ソフトウェアインタフェイス」、「ユーザインタフェイス」の三つに大別されます。

ハードウェアインターフェイスは、複数の機械を接続して通信する際の規約で、コネクタの形状や電気信号の形式などを定めているもの。コンピュータ内部のデータ伝送、コンピュータと周辺機器のデータ伝送、コンピュータ間の通信など、用途に合わせて様々なインターフェイスが存在します。

ソフトウェアインターフェイスは、プログラム間でデータをやり取りする手順や形式を定めたもの。特に、OSやソフトの機能を外部から呼び出して利用するための規約をAPIと言います。

ユーザインターフェイスは、コンピュータがユーザに対して情報を表示する方式や、逆に、ユーザが情報を入力するための方式を定めたもので、伝統的に文字ベースの方法が長く使われてきたが、コンピュータの性能向上・大衆化を受けて、グラフィック表示やマウス操作などを指します。

インターフェイスの使用例

使用例

アイフォンはタッチパネルや加速度センサーなど携帯機器向けの機能を生かしたユーザーインタフェイスを備えてる。

他の用語はこちらから

 

あいうえお(アイウエオ)順