DELLのパソコン用語集-エミュレータ-

エミュレータ

用語解説

エミュレータ(Emulator)とは、コンピュータや機械の模倣装置あるいは模倣ソフトウェアのことです。 語源は英語の"emulate"(エミュレート:模倣する・真似をする)からきていて、異なるハードウェアやソフトウェア環境を模倣・物真似をさせる技術です。

コンピュータ分野で使われることが多い用語ですが、もともとは機械装置全般に使っていたようです。 エミュレータを使うケースとしては、 ある機械部品やソフトウェアを動作させるのに、オリジナルのシステムを用意するのが難しい場合に、オリジナルと全く同じ動作をするエミュレータを使って試すといった使い方です。例えばサイト作成時にウィンドウズで作成したがマックではどう見えるか試したい、そんなときにウィンドウズで使用出来るマックエミュレーターがあれば、マックでの見え方がウィンドウズで確認できるなどハードを用意できないので・・といったケースが多いです。

また、エミュレータの中でも「ゲーム機エミュレータ」というのが存在します。これはゲーム機の機能(ハードウェア)をパソコンのソフトウェアとして再現したものになります。つまり各種ハードウェア用に開発されたゲームソフトをパソコンで遊ぶことができるのです。

現在、ほぼすべての家庭用ゲーム機、ゲームセンターなどにあるアーケードゲーム機のエミュレータが開発されWebサイトやP2Pネットワークを介して公開されています。さらには、対応するゲームソフトも、ROMカセットやCD-ROMからコピーしたファイルが同様の手法で広まっており、これらは著作権等の関係で社会問題になっています。

エミュレータの使用例

使用例

エミュレータでゲームをする際、自分の持ってるソフトをパソコンに取り込んで遊ぶのは法律的には問題ないが、それ以前に、持ってるゲームをなぜパソコンに取り込んで遊びたいのかわからない。

エミュレータの例

マックエミュレータの画面はこんな感じ。簡単にダウンロードして使う感じではなく、結構設定が難しそうだった。

マックエミュレータの画面

他の用語はこちらから

 

あいうえお(アイウエオ)順