DELLはBTO(受注生産方式)です

HOMEDELL解説トップBTO(受注生産方式)とは

BTO(受注生産方式)とは

DELLでは、BTOパソコンを販売しています。 「BTO」とは、「Built To Order」という語の頭文字をとったもので、日本語に訳しますと「受注生産方式」という意味になります。 つまり、「パソコンの各パーツの組み合わせを自分で選択できる仕組み」になっているので自分の目的・用途に合ったパソコンを手に入れる事が可能なのです。

今でこそBTOパソコンを販売するメーカーはたくさんありますが、 DELLは先駆けてBTO方式を導入し、一躍有名になりました。

DELLのBTOはその取り扱っているパーツの品質の確かさ、選択できる周辺機器の豊富さで、業界の中でも群を抜いています。 このようなこだわりがユーザーからの高い評価・良い評判を得ていると言えます。 DELL(デル)は、常に激安価格・コストパフォーマンスを追及し、トップブランドの地位を確立しているのです。

DELLのBTOならではの低価格の理由

DELLの低価格の理由はメーカーの直販なので、流通コストが削減され余計な経費がかかりません。 そして、在庫を持たない受注生産ならではの低価格です。

法人向けで2万円台、個人向けで3万円台を実現しています。

こちらのモデルのスペックを見てもらえば分かりますが、だからといって性能が悪いということではありません。

インターネットやオフィス用途に購入を検討されているのであれば、むしろ十分な性能を兼ね備えているといえるでしょう。

エントリーモデルやハイエンドモデルに関しても、全体的にコストパフォーマンスが高いのが凄いです。企業にデルPCの導入実績が多い理由がここにあります。