DELLカスタマイズ攻略-オフィスソフト

HOMEパーツ別解説トップオフィスソフト

オフィスソフト

DELLの購入カスタマイズ時にはオフィスソフトを選ぶ事ができます。 選んだオフィスソフトはプリインストール(工場出荷時にあらかじめインストールされてる) という形で納品されます。

仕事でエクセルやワードを使う方は購入しておく事をお勧めします。 DELLで購入しておくとマイクロソフトで後で買うより1万円以上安いです。

現在多くのDELLのパッケージについてるのはKINGSOFTのOffice2010 Standardですが こちらでもエクセル、ワードのファイルが扱えます。 オフィスソフトがいらない方は「なし」を選ぶ事で安く買うことができます。やはり必要な物だけ選べるのが DELLの魅力ですね。

ここではDELLで選べるオフィスソフトについて解説します。

マイクロソフトオフィス

Microsoft Officeは、エクセル、ワードなど、オフィスソフトのパッケージです。Microsoft OfficeにはPersonal 2010、Professional 2010などエディションがあって収録ソフトが違います。ここではマイクロソフトオフィスのエディション別比較をしてみました。

エディション Professional Home and Business Personal
対象
中小企業
個人事業主
家庭・学生
個人事業主
家庭・学生
個人事業主
Word
Exel
PowerPoint
 
OutLook
Access
   
Publisher
   

KINGSOFT Office2010 Standard

KINGSOFT Office2010 Standard はマイクロソフトオフィスに限りなく近いオフィスソフトでDELLのパッケージに標準でインストールされてる場合が多いソフトです。実際カスタマイズでこちらのソフトをつけても3千円位なのでおすすめです。

KINGSOFT Office2010は、マイクロソフトのエクセル、ワード、パワーポイントのファイルを開けますし、編集もできます。ただ仕様はマイクロソフトの2003です。管理人、個人的には2003の仕様で3000円だったら、こっちの方で全然大丈夫と感じてしまうのですが、「2003以降の機能が便利なんだよ」という方にはあまりおすすめできません。

KINGSOFT Office2010の場合のソフト名はwordではなくwriter2010、ExcelではなくSpreadSheets、powerpointはPresentationというソフト名になります。マイクロソフト2003に限りなく近づけたというのも、公式のホームページで公言してる言葉なのです。

プリインストール版

プリインストールとは、「既にインストールされています」という意味になります。メーカー製のパソコンなど で、工場出荷の時点でOS以外に数々のアプリケーションソフトが既に組み込まれている状態になっている ことを言います。

DELLはBTOパソコンのため不要なソフトは一切インストールされません。オフィス用途などがある方はや はりプリインストール版 Microsoft Office をオススメします。

プリインストール版の注意点はパソコンとセットで購入するので、ライセンスは一緒に買ったパソコンに与 えられます。プリインストール版を選択した場合、その一緒に購入したパソコンでしかオフィス製品を使うこ とはできません。割と当たり前の話ですが注意しましょう。